カリモク ダイニングテーブル DT88 二本脚タイプ使い心地

ダイニングセット(テーブルとイス)もカリモクにしました。

スポンサーリンク

 

カリモクは先に紹介したソファもあるのでお値段は気を失いそうになりましたが、新築だから、一生に一回だから(このフレーズ、何回言ってるんだろ。。)と一応熟考した上でいってしまいました。

90cm x 165cm x69cm。
コーナーをラウンドにできるので、動線や配置を考えこのような形状に。
色はウォールナットナチュラル色

このモデルは角がなく全て丸まっておりそれも決め手の一つでした。

 

四本脚か二本脚か

周りの動線や、イスをどうやって出し入れするか等にもよると思います。
我が家の場合、手前の二脚は色々な方向から出し入れや、座ることを想定してたので、四本脚だと動きが制限されることから二本脚にしました。

脚は必ず端につける仕様でなく、取り付け穴が別にもあるので、このように幅をいっぱいとったり、狭めたり、どっちかに寄せたりできるのも良いです。

 

木の質感、触り心地、木目が美しいので、当初テーブルクロスやカバーをせず使ってましたが、やはり傷や汚れに神経使うのが段々億劫になり、クリアカバーも作ってもらいました。
サイズはぴったり(厳密には敢えて少し大きい)で気持ち良い。
また、経年劣化で黄色くならないとのこと。 

 

 

このクリアカバー、通常だと切り口が単純に垂直切りっぱなしですが、オプションでテーパを付けることが出来ます。

写真だとわかりにくいですが、これだとカバーのエッジ部がテーパーになり、腕の当たりがソフトに。

 

使い心地

ダイニングテーブルに使い心地も何もあまりないですが、まあ、どっしり安定してるのでガタツキ等皆無で何のストレスもないです。 

子供が大きくなったら、クリアカバーを外しランチョンマットだけとかにするかも。

 

アフターサービス

実はこのテーブル届いた時、天板の極一部が微妙にテカリ? 汚れ?がついており(光の加減次第では気づかない程度)、設置に来た人が何回か拭いたのですが、あまり変わりませんでした。 そしたらこちらが言う前にすぐ、「天板交換しますので、それまでは申し訳ありませんがこのままお使いいただいてよろしいでしょうか?」と。 もちろんok。後日無事交換されました。 

タイニングテーブルなので使っててどこかが壊れたりヘタったり等はあまりないと思うのでテーブルのアフターサービスに今後お世話になる可能性は低いですが、設置にしろ何しろ気持ちいの対応だったのでで流石カリモク(正確には販売代理店)と安心した印象があります。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA