トイレ使い心地。 1F アラウーノ編

1Fは “アラウーノ タイプ2”、 2Fは “標準のフチなしツイントルネード S1” というのにしました。

もともとは1,2F共にアラウーノでしたが、打ち合わせ終盤の仕分け(= 嫁の猛攻)により、2Fは標準に変更しました。 吉と出るか凶とでるか。。。

 

スポンサーリンク

 

アラウーノ

オート開閉が欲しかったのでSⅡは候補から外しました。 

タイプ1と2だと、温風乾燥、ナノイー、LED照明等が違いですが差額ほどメリット感じなかったのでタイプ2にしました。

 

 

清掃頻度

一番期待してたこれですが、引っ越して約3ヶ月経っても、便器内は特にブラシで掃除したりしてません。 目立った汚れやニオイがないからです。 

以前マンションだった頃は最低でも週一でブラシしないと輪染みや、ニオイが気になってたのに比べると雲泥の差。 あ~、アラウーノまじ効果あるわぁと感動レベルっす。。 はやり、用を足す前後に泡の水がでてるのが効いてるのでしょうか。 ハッキリ言ってこれだけでもアラウーノにする価値あるかと。

 

 

掃除しやすさ

便器内のブラシはしてませんが、フチや周りは飛び散ったり垂れたりするので(お食事中の方すみませんね。。)気づいたときに拭きます。 これはフチの形状が垂れにくく拭きやすいのでストレス特にないです。

 

 

質感

陶器でなく樹脂なので、正直大丈夫かなぁと心配してましたが、2Fの陶器と比べても今のところ気になりません。 すぐ慣れました。 もっと長く使うと気になる所や耐久性等何かあるかも知れませんが。

 

 

オート開閉

これやっぱり良いです! こいつは具体的に語らせて下さい。

フタ、便座両方それぞれできます。 妻に新居では、小は今後座ってするようにと申し付けられました。 最初の1~2日は素直に従いました。 しかし、やはり面倒に感じ、また男の牙を抜かれてる気にもなり、仁王立ちスタイルに即復帰。 

このアラウーノちゃん、便器に近づくと、まずフタが自動で開きます。

壁付けリモコンの便座開閉ボタン押すと、便座が開きます。 同時にブシューと泡水が出てきてジャブ的な洗浄、且つ小のはね防止目的で水位が少し下がります。 

用を足します。 

小のボタンを押すと流れます(押さなくてもある程度時間経つと流れますけど。)。 

仁王は場を去りますが、暫くすると便座、フタ共に自動で閉まります。

 

まぁ、賢いこの子! マンションの頃は毎回便座とフタを手で閉めてた(ホコリ、ニオイ対策。 冬は保温 = 節電も兼ねる)ので、これはとても楽に感じます。 

ハネは完全に飛び散らないわけではないですが、個人的には水位よりも泡がかなり飛び散り防止に役立ってるかと。 また、明らかに床に飛び散った場合は即拭いてることもあり今のところ妻にしばかれてはおりません。 まぁ、本当は座ったほうがいいんですけど。。 世の奥様方は快く思わないでしょうがスタンディングは楽で。。

 

 

ウォシュレット

普通です。 いや、ちょっと不満かも。 これに関しては、2F標準トイレ編で説明します。

 

 

速暖便座

選んだ時は気にもとめてない機能でしたが、冬になって便座に座った際、あ!と実感しました。 本当にすぐ便座が暖かくなりました。 名称に偽りなし。 節電と快適を両立してる気になり気持ちがほっこりします。

 

 

拡張性

アームレストを後付けできます。 これはSⅡ、V等ではできません。 年取ったらつけるかもです。

 

 

見た目

タンクレスですし、2Fの標準トイレに比べ明らかにスタイリッシュでかっこいいです。

 

使用して3ヶ月ですが、アラウーノ タイプ2は本当に選んで良かったと思ってます。

スポンサーリンク

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA