i-smart 防音室

趣味で楽器をやりますので、もし家を建てるなら防音室を作りたい野望を抱いておりました。

スポンサーリンク

一条もオプション設定で防音ドア等あり、防音室できるとのこと。

我が家にはまだ子供がおらず、また将来家族構成がどうなるかわかりません。 なので一応部屋としても使える余地を残したかったので普通の広さ6帖の部屋をそうしました。

i-smartの外から入ってくる音、中から外へ出る音の遮音性はかなり高いので、よほど大きい音でない限り気をつけるのは家の中。 ということになると思います。

設計で気をつけたこと

窓は最小限

といってももし将来居室として使わざるをなくなった時も考え2面採光は欲しかったので小さいサイズで2面としました。 

別のハウスメーカーですが、窓なし。 というのもありました。 i-smartでもありだと思います。

 

窓は引違いでない

引違い窓だと防音性は低いです。 Fixも考えましたが、押し開きにしました。

 

振動や重量を考え1Fに配置

しかし、間取りの兼ね合いで泣く泣く2Fになりました。 ただ、床補強を入れ、また、防音室の下はお風呂、脱衣室、洗面等、普段人がいない配置としました。

 

グラスウール

壁4面 + 天井 + 床。 部屋の内面6面全てにグラスウールぶち込みました。 24K, 100mm厚。 *建築中に発覚したのですが、私の間取りでは2F天井はスペースがなく入れられなかったので、壁4面と床の5面。

 

防音シート

薄い防音シートも壁に忍ばせたかったのですが、設計士からNG。 入れてる方もいらっしゃるので、私の間取りが原因と思われます。

 

他の部屋と隣接しない

廊下や収納等を使って、他の居室と隣接させないようにしました。

 

防音ドア

オプションの5万円のです。 営業さんいわくセゾンの防音ドアは厚みもあり、なかなか防音するが、i-smartの防音ドアは薄く、あまり期待しない方がよいとのこと。 工場見学のシアタールーム体験等で防音いいじゃん! と思ってi-smartで採用し、思ったより防音せずがっかりする方もいらっしゃるとか。 

ちゃんとした防音ドアは20~30万する事考慮してもあまり期待できないと思い、ヤマハやダイケン等の防音ドアを調べ、サイズが合うのに変えてとお願いしましたが、設計士さん曰く合うサイズがないとのことでNG。。。

営業さんからは防音ドアを2枚にする。 という提案もありましたが、それもOpのドア2枚なので、それなら、入居後に必要に応じてDIY or プチリフォームでドアを変える or 別の防音ドアももう一枚追加しようと思います。 なので一応もう一枚ドアがきてもいいように間取りを考慮しました。

 

換気扇の位置

防音ドア = ドアのアンダーカットがなく、ゴムで隙間が埋まりロスガードの範囲から外れ個別空調となります。 ロスナイタイプという防音タイプの換気扇になりますが換気扇の向きは隣家でなく、駐車場になってる方角に向けました。

 

家の外への音はあまり心配してないのでキモはやはり室内、特にドアと思います。

妥協もかなりあるので実際の効果は不明です。。。

9月以降に入居予定なので実際の効果はどうなの? というところをレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA