web内覧会。 カーテン, スクリーン等

カーテンの打ち合わせは間取り設計がほぼ完了したあとに始まります。

一条から提携のジアスさんを紹介され、とりあえずそこに行き打ち合わせをしました。

 

スポンサーリンク

 

当時は間取り、電気、クロス打ち合わせ経て、気力的に既にグロッキーだった事もあり、その一回の打ち合わせのみでとりあえず全部決めて、他のカーテン屋さんにも行きませんでした。。。

 

ハニカムで代用できるとこはできるだけカーテンつけず、主に寝室やリビングのみに付けました。

 

 

ハニカムと窓の間

ご存知の方も多いと思いますがここにカーテンをつける事ができます。

我が家はドレープを付けないレースのみの窓に多用しました。

これむちゃくちゃ良いです!!

レールが室内に飛び出ず、ハニカム閉じると何も見えず非常にスッキリに見えます。

 

 

ロールスクリーン

2F バルコニーへの出入り用で大きい押し開き窓があり、そこのみ遮光とレースのダブルロールで採用しました。

その他のは全て普通のカーテンです。

感想ですが、、、 全部カーテンの方が良かったかな。。

ロールスクリーンは下に重りの棒があり、風邪等で壁に当たってうるさいです。

また私のダブルは巻き上げ時はクッと紐を引っ張ってスルスルと巻き上がりますが、下ろすときは手動ハニカムのようにいちいち紐を引っ張り続ける仕様なのでこれがちょっと面倒くさい。

ただ、横に何も無いのはメリットだと思います。

 

リビング

フローリング、クロス、家具の色はもう決めてたので、調和するような色を選びました。

レースはミラーで、ドレープは遮光2です。

夜室内真っ暗だと、外の街灯がわずかに透ける感じです。

レールは木目調ウォルナット。

横もしっかりドレープが回り込み、光漏れや冷気遮断に効果あるリターンというやつ。

こんなものがあるとは知りませんでしが、見た目も効果もとてもgoodです!
この装飾レールは、トーソーの、レガートスクエア Mキャップダブルセット  という品種のウォールナット色です。

家具組み立て業者が家に来たとき、カーテンの取り付けが凄くキレイですねと言ってました。

その人は以前カーテン取り付けやってたようで、取り付ける人の力量でかなり仕上がり変わるとの事。

言われてみると、ドレープが均一で、丈も絶妙でキッチリ揃ってキレイに見えて来ます。 プラシーボ?!

 

 

寝室

レースと、寝室なので遮光3ドレープです。

腰窓にも床までの丈にしました。

冷気の入りを抑え、部屋もスッキリ見えるのでやって良かったです。

色はベッドフレームの色や、ベージュ系でハニカムに近い色と、それぞれ合わせました。

 

カーテンは柄物やvividな色は使わず、家具の色や周りに馴染む色にしました。

打ち合わせ時は気力が半減してたのであれこれ考えるよりも、冒険にせず無難にという気持ちが強かったからかもしれません。

 

 

冬ハニカム10cm開け

冬はそうしなさいとの事ですが、ドレープつけてない窓は外から見えるし、光も入って来ます。

入居してからですが、冬、寝室のハニカムのみのところはそれが嫌なので、丈20cmぐらいの、カーテンつくって裏にマジックテープつけてとジアスさんにお願いしました。

できると回答頂き見積もらったのですが結局これはまだやってません。

 

みなさん寝室窓の冬ハニカム開けはどう対処してますか?

朝方光が入ってきても気にしない? それとも素直にカーテンですかね??

 

スポンサーリンク

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA