web内覧会。 ボックス 幅広 15段 階段。 照明と階段下収納も。

以前の投稿でも触れましたが, 我が家はボックス階段を採用し且つ標準14段ではなく15段、幅も標準より広いワイドタイプの階段を採用しました。 また階段形状だからか、15段、幅広、ボックスとの兼ね合いなのか、なぜか“パターン外”という扱いになり、階段もオプション料金払う羽目になりました。。。

 

スポンサーリンク

 

入居済なので使い心地をレポートしたいと思います。

 

早速ですが、こんな感じです。

 

 

うぅ、、、 写真だと、勾配や幅はわかりにくいですね。。

降り始めがストレートで、降り終わりの3段が周り階段でLDKに体が向きます。

 

 

使い心地ですが

 

楽で快適です。

 

ゆったりしてるので壁にぶつかりにくく大きい荷物を持ってても昇り降りしやすい。

 

といっても自分の家なのでこれが普通と慣れちゃうのですが、親戚や友人等戸建の家に遊びに行った時に階段を使わせてもらって、あ、うちの階段は楽なんだなぁ。。 と改めて気づく感じ。 11万円払った甲斐があったと自分を納得させる。。

 

先日父が家に来た時、階段が広くてゆったりしてていいなと言っており、少し嬉しく思いました。

 

 

照明

一条LEDキャンペーンの60wダウンライトを二つ付けております。 場所は設計士さんおまかせ。

設計当初60wだと暗いかもしれないの100wに変えようか迷いました。

しかし杞憂でした。

60w 二つで問題ありません。

というか実は60wすら使ってません。

天井のダウン以外に、壁にこれをつけてるので、ダウンライトをほぼ使ってません。

パナの、明るさセンサ付ハンディホーム保安灯 という、暗くなると自動で暖色に光る四角い埋込み式の照明を階段上下に一つずつ付けており、降りる時は手摺に手を置きながら降りるのですが、普段はこれのみで問題ないのでダウンは今のところ全く使ってません。

また、この保安灯は中に電池入っており、停電でも光り且つ、取り外しできるすぐれもの。 停電時に、1F, 2Fどちらにいてもこの保安灯をすぐ取れるようにする意味からも、階段上下につけました。

ただ、子供とかお年寄りだとはやり危なっかしいのでこれだけだと不安なのでダウンは必要ですね。

 

 

階段下収納

こんな感じです。

 

階段の横から入ります。

むむっ、、、 これも写真だとわかりにくいのですが、幅が広く、階段長さも長いので標準より広いです。

 

私の伸長が170中盤ですが、入り口の傾斜の高いところだとかがまなくても頭打たずにに入れます

 

情報ボックス、床暖ヘッダーボックス、を入れてます。 

あと、ゴルフバック、イ○アのワゴン、ウォーターサーバーボトル、掃除道具等を入れてます。 

入り口はLDK横なので、取り出すいように、掃除機や掃除道具はフック等で壁付けです。 

ルンちゃんはここも入るので、その分浮かせて設置。

 

多くの方が御存知の通り、壁紙、フローリングもオプションでした。 

設計最終段階の、予算の都合から来る仕分け作業でこのオプションはやっぱりやめようかとも思いましたがやってよかったです。

我が家はこのスペースを、掃除道具取ったり、水ボトル取ったりとdaily useのスペースなので、もし妥協して、標準(ベニヤや石膏ボード?)にしてたら毎日後悔してたと思います。 

ただ、もし階段下収納の用途が季節物の物置等、普段使いしないのなら標準でも気にならないと思います。

スポンサーリンク

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA